ビックカメラがNintendo Switch本体、及びNintendo Switchソフトの抽選販売

外出自粛の影響か?お子様たちが自宅にこもる日々が続いていると思います。

気晴らしに公園とかにいこうものなら、公園が人でいっぱいになってて、ニュースで「外出自粛なのに」と報道されたりして、なかなか過ごしにくい感じになってしまっていますね。

まぁ、僕らの世代もそうですけど、家の中での遊びの一つはテレビゲームですね。

テレビゲームといえば、スーパーマリオで有名なNintendoですよ。

みんな大好きNintendoSwitchですよ!

ビックカメラが抽選販売を行うということで、Twitterでつぶやいていたので、わたしのブログでも共有さえていただこうかなと思った次第でございます。

ビックカメラ,Twitter

いやぁ、とても良い試みだと思います。
店頭販売もしないみたいで、時代の流れにあっているというか、ちゃんと売り方を考えてますね。

さてさて、世の中的にもネット利用へのなれが進めばいいなとは思います。

普段からネットで買い物をしているわたしとかは、あぁ~なんややるんだねぇ~な感じですけど、あまりネットでお買い物をしない人にとっては、いまだからこそネット通販とかへの抵抗をなくしていただきたいものですね。

ネット通販は「安い」か「楽」かのどちらかを持ってますから

ネット通販が「安い」理由

ネット通販が安くなるのはちゃんと理由があります。

逆に言えば、ネット通販であまり安くない(むしろ高いところもありますね)はちゃんとネット通販の良さを生かせてないサイトかもしれないですね。

ECサイト(エレクトリックコマース)はまずは人件費の削減になります。
例えばゲームで言えば、おもちゃ屋さんに行ったとして、レジのところに人がいりますね。
さらに、商品が売れたら、商品棚に商品を並べる人がいりますね。
もっと言えば、商品が売れなくても常にいなければならない人が必要ですね。

でも、WEBサイトだったら自動で行われるので、その人たちは必要ありません。

次に、場所代です。
在庫を抱えると倉庫が必要になりますが、うまくやればその倉庫も自分のところで用意しなくてもいいのです。

メーカーから直接発送してもらえば自分のところで在庫を保管しておく必要はありません。
倉庫+発送を行ってくれるところもありますので、そういったところにお願いしてもコストダウンになりますね。

商品棚に関しても同様です。
ECサイト上に掲載されているので、物理的な商品棚を置く必要はないわけです。

土地がなくても、お店が持てる!それがECサイトですね。

さらに言えば、光熱費もかかりません。
だって、ネット上にありますもん。
もちろんその代わりにサーバー費用や機材費などは必要になってきましたが、長い目で見たときに土地を借りているよりはよっぽど費用は抑えることが可能です。

まぁ、上記のことが一般的にメインになりますが、商品価格が安くできるところですね。

ネット通販の楽なポイント

楽なのは言うまでもないと思われます。

その中でもサービス向上にしのぎを削っているのはAmazonですね。

クロネコヤマトがメインでやっていたころはAmazonPrime会員でれば翌日に受け取ることができましたね。

午前中の注文であれば、当日受け取ることも可能でした。

さすがにそこまでの早さは必要なくても、計画を立てれる人であれば注文しておいて1週間以内には自宅で受け取るということができます。

進んでるエリアではコンビニとかでも受け取れるので24時間受け取りが可能になったわけですね。

というわけで、家でいながら?通勤途中?隙間時間でお買い物ができる!
思い出したときに購入手続きができるのが楽で便利なところです。

というわけで、外出自粛の最近ですが、ネット通販利用者がちょっとずつ増えているようにききますね。

なかでも、ご当地系の…
まっ、これ以上は業界情報なのでちょっと。。。